ビジネス英語コース stars
ELC English Courses Banner
  • マイ ELCMy ELC Page Icon
  • Agent's Page Icon iconエージェント
英語コース
Philip Boyer
France
ELC は、私の人生のなかで最高の経験でした。職員のみなさんはすばらしく、一人ひとりの生徒に献身的に接していました。世界中のあらゆる国から来た学生と出会い、また、アクティビティのお陰で学生のあいだに強いリレーションシップが作られました。まるで第2の家族のようです。
もっと見る

ビジネス英語コース

友人に教える:
概要

キャリアを高めたいと望むCEO、管理職、ビジネス専門職の場合、ELCのビジネス英語コースを選べます。 ビジネス英語コースは、専門的で経験豊富な教授陣による特別授業を望むすべてのビジネスのプロ向けに作られています。 ボストンセンターですべての範囲のビジネス英語コースを提供しています。 個別ビジネス英語コースは又ロスアンゼルス校、サンタバーバラ校で提供されます。

ELCでのビジネス英語の利点

  • コース前の必要な評価
    広範囲なコース前の必要な評価は、それぞれのコースの確定の際、生徒の要望、目標に合わせるべく送付されます。
  • 個別注意事項
    校長及びコース責任者は、ビジネス英語の生徒と入校の際面談し、その後プログラムが生徒の要望に沿うよう定期的に面談します。
  • 現代的、包括的カリキュラム
    ELCのビジネス英語カリキュラムは、常に進化する業務環境を反映した、新たなテキストや副教材を含む最新の資料を提供すべく、最近更新されました。
  • 少人数クラス
    グループ5のコースの最大のクラス人数は5名で、指導者がそれぞれの生徒に注意を向け個別指導フィードバックが出来ます。
  • 公認指導者
    すべての指導者は、大学学位があり、第二外国語の教授法に関して特別な訓練を受けたアメリカ英語のネイティブスピーカーです。 更に、指導者は全員ビジネス及び(又は)MBAの経験があります。
  • プレゼンテーション訓練
    生徒はコースの終わりにクラスと指導スタッフに対してあるトピックに関してプレゼンを行うことで、プレゼンテーション及び話し方のスキルが向上します。 生徒はプレゼンテーションの完了をもってビジネス英語の修了証を受けます。
  • 柔軟な対応と多様性
    幾つかの異なったビジネス英語コース(非常勤、常勤、グループ指導、個別指導)を提供し、時間制約、業務制約のある生徒にも対応出来ます。
  • ビジネス英語生徒のカレンダー
    ELCではビジネス英語の生徒用に特別活動カレンダーを用意しており、生徒にクラスで習得中の英語スキルをクラス外のインフォーマルな場で使う機会を与えるようにしています。
  • 最良のロケーション
    ELCボストン校は商業及び政治の中心であるダウンタウン(ビーコンヒル)に位置しています。
  • ビジネス英語ラウンジ
    ビジネス英語の個別ラウンジでは、生徒がクラスメートと会ったり、ビジネス誌の閲覧、フリーwifiによるメールチェック、指導者とのさりげない会話、新たな教材の事前チェックが行えます。
  • コンフォート性
    ビジネス誌、新聞と共に毎日提供される無料コーヒー、ティー、スナック類をお楽しみください。
  • 先生及びスタッフとの昼食
    コースの終わりに先生及びスタッフとの昼食
  • ビジネス英語コースをお選びください。

—ビジネス 英語教授法

ビジネス英語コースは、専門的で経験豊富な教授陣による特別授業を望むすべてのビジネスのプロ向けに作られています。 すべての指導者は、アメリカ英語のネイティブスピーカーです。 すべての指導者は、大学学位があり、第二外国語の教授法に関して特別な訓練を受けています。 更に、指導者は全員ビジネス及び(又は)MBAの経験があります。

ビジネス英語のカリキュラムはビジネス英語コース用に特別に開発されてきています。 ビジネス英語カリキュラムは、異文化交流、ビジネス英語語彙力、地域特有の語彙力、ビジネスレター用の言葉とフレーズそしてビジネス電子メールの活動について含まれています。 更に、英語語学力向上に加えて、レッスンでは以下の分野での英語語学能力を達成するための支援をしています。

  • 管理部門
  • 人事部門
  • 交渉部門
  • 戦略計画部門
  • プロジェクト管理。
  • レジメ作成
  • 面接
  • 文書コミュニケーション
  • 言語コミュニケーション

グループ5 ビジネス英語コースのトピック例

異文化交流理解
  • ビジネス出張で役立つ文化の相違の認識と対処方法を学び、ケーススタディを見直し、文化によって異なる要求への対応シミュレーションに参加
状況一般ビジネス英語
  • 模擬面接、語彙力、ビジネス文法により、企業家精神にとっての重要性に着目
E-ビジネス
  • ビジネス電子メールコミュニケーション向上のための技術の重要性についてディスカッション
プレゼンテーション訓練
  • プレゼンにおける自社の説明の効果的方法を学びます。
ブランド管理
  • うまくいく売り込み文書の作成、製品開発計画立案、良く知られたビジネスのたとえ等の技術により、如何にブランドを活用するかについての学習
コーポレート接待
  • シナリオ及び滞りの無い訓練により会社の接待により慣れること
電話のスキル
  • ビジネス電話の訓練に参加し、特に訛りを減らすことに留意して電話スキルを改善します。
履歴書作成
  • 履歴書と職歴所との違いを学習し、CVを英語で書く訓練をします。
公的な関係
  • メロール-プレイ、問題解決手法により、メディア、ソーシャルネットワーク、社是の持つ力を学びます。

ビジネス向け英語-クライアントの1例

  • エア・フランス
  • エア・リキード
  • アコマグ・コンサルティング
  • ブラデスコ 銀行 南米
  • コロンビア中央銀行
  • マルティプリック銀行 南米 
  • BASF ルードウィフィスハーフェン(化学)
  • ブラーマ(建設コンサルティング)
  • キャンビオ 16(通販)
  • センティネラ病院
  • シティ銀行
  • コカ・コーラ
  • コーポヴェン(ベネズエラの石油関連)
  • スイスクレジット
  • 国立民間航空大学(仏)
  • シビル(伊)
  • フィアンコ
  • フランス商業省
  • テラレス・マラカイ・グループ(スペイン)
  • ゼネラル・テレフォン・エレクトリック(通信)
  • ヒューレット・パッカード(エレクトロニクス)
  • ヒルトン・ホテル
  • 日立グループ
  • ホンダ
  • ハウランド 南米
  • IBM
  • KPMG(国際会計事務所)
  • ロータス
  • ルフトハンザ航空
  • リヨネーズ・デ・ゾー(飲料水・水環境)
  • メルセデス・ベンツ
  • メルク(医薬品)
  • 政府機関
  • 教育-カナダ
  • 三菱
  • 三井
  • モスクワ国立大学
  • MTVイタリア(音楽配信)
  • ムレシス(ホテル)
  • クウェイト国立銀行
  • 日本製鋼
  • オリヴェッティ(SPA)
  • オックスファム(国際協力団体)
  • ピート・マーウィック(国際会計事務所)
  • ペクイベン(ベネズエラ石油化学)
  • プライス・ウォーターハウス&クーパーズ(企業コンサルティング)
  • シュリュンベルジェ・スレンコ 南米 (油田開発)
  • シェル・オイル
  • シーメンス・コーポレーション(総合電機)
  • ソニー・コーポレーション
  • 住友銀行
  • スイフト・アーマー(食肉加工)
  • 太陽-神戸銀行
  • テキント 南米(インフラ整備)
  • 武田薬品工業
  • 東京エレクトロン(半導体機器)
  • ユナイテッド・ガルフ・マネージメント(投資管理会社)
  • ユナイテッド・テクノロジー・キャリア(UTCの空調部門)
  • カタルーニャ・オベルト大学(SPA)
  • ヴァッテンフォール・ハイドロパワー(水力発電)

ビジネス英語宿泊設備

上級幹部ホームステイ

  • 年間を通じて入居可能
  • ELCボストン校の近隣
  • コース開始前の土曜日に到着で、コース終了後の土曜日に出発
  • 特別に申し出がない限り原則として個室
  • 二食付(朝食と夕食)又は朝食のみ
  • 平均的な通学 公共輸送機関で30-60分
  • 個室バスルーム
  • 施設内容
  • フリーWi-Fi (使用可能な場合)
  • 最低年齢 17才

ESL タウンハウス 個別アパート

  • 年間を通じて入居可能
  • 所在地 パーク通り ボストン
  • コース開始前の土曜日に到着で、コース終了後の土曜日に出発
  • ステューディオタイプのワンルーム
  • 自炊
  • 平均的な通学 公共輸送機関で20分
  • 個室バスルーム
  • 台所、洗濯設備
  • フリーWi-Fi
  • 最低年齢 18才

MORE IN THIS SECTION
Philip Boyer
France
ELC は、私の人生のなかで最高の経験でした。職員のみなさんはすばらしく、一人ひとりの生徒に献身的に接していました。世界中のあらゆる国から来た学生と出会い、また、アクティビティのお陰で学生のあいだに強いリレーションシップが作られました。まるで第2の家族のようです。
もっと見る